<< back

Fermentation  Fulldome projection  (14'59) 2014

この作品は"発酵"という現象をダンスによって可視化したドーム映像作品です。
生命の死後、その潜在能力が開花するかのような現象に私は強い感動を覚えました。
これは目に見えない微生物のはたらきによるものです。

福島第一原子力発電所の事故以降、日本では放射線の危険性が叫ばれています。
目に見えないものにこれほど"目"を向けた時代もありません。
目に見えないものを形にすることは現代における願いの一つです。

目に見えないものに対する最近の我々の視点はとてもネガティブです。
古来、我々は目に見えないものを信仰し、崇拝してきたというのに。
"発酵"というポジティブな思考は、私にとって大きな救いです。

生身の身体が"生"なら、映像化された身体は"死"です。
"Fermentation"のダンサーは死後の創造性を育む媒体となります。
それは陽光に紛れるものではなく、暗闇の中に潜むものです。
ダンサーの動きが空間を照らす一方で、闇はどんどん深みを増します。
この作品は、かつて我々が信仰した世界を訪ねる試みです。











































Copyright (c) Masashige IIda All rights reserved.